*** 私のお気に入り ***

yurisawa.exblog.jp ブログトップ

La Cenerentola @メト・ライブビューイング


今シーズン最後のMet ライブビューイングを観てきましたemoticon-0159-music.gif
演目は先月NYで観た『La Cenerentola』♪

c0072847_1215655.jpg


現地Metで観たのは5/1の初日。 本日のHDライブは現地5/9に上演されたものでほぼ一ヶ月遅れだ。いつも思うことだが、せめて一週間遅れくらいにしてほしいな・・・

ともあれ、最終日にふさわしい素晴らしいパフォーマンスだった^^
結果的に、ワタクシめはこの演目を現地オペラハウスとHDライブの両方で観たという、なんとも贅沢な体験をしてしまいました^^ 
実を言うと5/6の公演もネット・ストリーミング放送でライブを聴いたので都合3度愉しんだことになりますねemoticon-0140-rofl.gif バッチリよ! 




c0072847_1263253.jpg

この『チェネレントラ』と言う作品はロッシーニのもっとも優れたアリアや重唱をふんだんに含んでいる。早口ソングやドタバタを採り入れたオペラ・ブッファ(喜劇)に分類される。軽快かつ高度な歌唱技術から繰り出される驚異的なアリジタはもう聴衆を釘づけ!とにかく楽しいオペラである。

昨今、ベルカントの王子ファンディエゴ・フローレスの人気上昇でロッシーニをはじめとするドニゼッティ、ベッリーニ等のベルカントオペラが見直されているようだ。



ちなみにベルカントオペラとは↓

現代では「ベルカント」なる語は一般的にはその歴史的背景は無視され、美声、声量、技術、表現力を兼ね備えた理想的なイタリア式の声楽発声法・歌唱法(様式)といった文脈で用いられるのが現状であるが、オペラ研究家にとってこの用語は15世紀末から18世紀にかけてイタリアで発達し、19世紀前半のロッシーニオペラでほぼ完成の域に到達した、高度な歌唱装飾を伴う声楽歌唱の一様式を示すことが多い。また、ロッシーニのほかに、ドニゼッティやベッリーニなどの19世紀前半のイタリアオペラを特に「ベルカント・オペラ」と呼ぶことがある。 (ウィキペディアより抜粋)


基本的にオペラはオペラハウスで観るべきもの。これがオペラ鑑賞の王道だと思う。

しかしオペラハウスへ行けない人が圧倒的に多い、仮に行けたとしても超特等席、至近距離で観られるのはごくわずかな人に限られる。ほとんどの人は演者の顔もよく見えないのが現実。そのためにオペラグラスというものがあるのだが、これもいまひとつウザかったりもする。その点スクリーンの場合、クローズアップが可能なので顔の細部まで見えすぎるくらいよーく見える良さもある。

しかし音響はというと、ビューイングの場合マイクを使用するためか、音響的にはイマイチだ(うるさいかも)。やはりオペラハウスの生音には及ばない。日本にいながらMetが体験できるだけでも有難いので贅沢は言えないが・・・
ともあれHDライブビューイングはオペラのハードルを下げ一般大衆に身近なものにした貢献度は高いと思う。

c0072847_125515.jpg

シンデレラを演じたガランチャはクローズアップにも十分堪えます。確かに美しいemoticon-0115-inlove.gif
もちろん歌もビジュアルも素晴らしかった。「ラトビアの華」といわれるガランチャだけに、ライブ当日ラトビアの首都リガではシャンパンが振舞われお祭り騒ぎだったらしい。納得、納得!
インタビューでは今後しばらくは「チェネレントラ」を封印すると言っていた。来シーズン、ネトレプコとの共演「ホフマン物語」に出演予定とか、どんどん新境地に挑んでほしいものだ。楽しみだな^^

ラストシーンのアリア♪Non piu mesta♪



一方のラミロ王子を演じるブラウンリーはアップで観ると、まるでエマニュエル坊やだったemoticon-0106-crying.gif
どこから観ても不釣合いな二人であった。しかし彼の名誉のためにひとこと、ベルカント・テノールの歌手として命ともいえるアジリタも素晴らしいし高音もよく伸びるし、安定感も十分な実力派歌手には間違いありません。

CDで聴くなら歌さえ上手ければいいのだが、オペラとなれば歌の上手さに加えてオーラ(容姿含)がなければスター歌手にはなれない。今やスター歌手を超えて、ハリウッドスターも真っ青オーラありまくりのセレブ歌手といわれる人もたくさんいる。

主役にはオーラは不可欠な要素だということを今回このラミロ王子を見て痛切に感じた。厳しい世界だ!

フローレスのラミロ王子とディドナートのシンデレラコンビのチェネレントラを見たらもう後へは戻れません。一度でいいからこのコンビの舞台を見たいものだ。でもチケットがまず取れないな、、、夢のまた夢かemoticon-0106-crying.gif

現地で体感した熱いものがまたまた蘇ったメトHDライブビューイン最終日であったemoticon-0102-bigsmile.gif
ちゃんちゃん!
[PR]
by 5-saturn | 2009-06-06 12:49 | opera

@アルブレヒト・デューラーの家(2016/July)


by 5-saturn
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31