*** 私のお気に入り ***

yurisawa.exblog.jp ブログトップ

雲南の旅 ③


昆明から350km、風光明媚な高原の古都大理(ダーリー)に着いた。
蒼山(標高3~4000mの連山)を背に耳の形をした洱海(アルハイ)と呼ばれる湖に囲まれたこの街は10~13世紀頃大理王国として繁栄したが後にフビライ率いるモンゴル軍に滅ばされた。500年程続いた王国の栄華は古城壁にその面影を残している。そして大理の地名は特産品である大理石が語源らしい。そういえば宿泊したHTL「風化雪月大酒店」のロビーは総大理石張の豪華版であった。
それにしても空気が澄んでとっても綺麗! 風で塵が吹っ飛んでしまうらしい。 ホンマかいな?

宿泊HTL「風化雪月大酒店」
c0072847_1636419.jpg

c0072847_16371138.jpg





あの雲に隠れた「蒼山」連山のひとつ中和峰を登ります。
c0072847_16522470.jpg

登る? 勿論、リフトで・・・ それにしても、最高のリフト日和であった!  ♪るん るん♪
c0072847_16445342.jpg

リフトの終点、中和峰山腹に道教の寺「中和寺」がある。キョンシーの映画に出てくるような出で立ちのお坊さんが中国将棋に興じていた。ここはなんと海抜2500m。。。
c0072847_16452126.jpg

白族(バイズー)のガイドさん、なかなかの美人です。来春一月に結婚式を控えてるとのこと^^笑顔が素敵なお嬢さんでした。お幸せにね! この大理には白族が多く住んでいる。顔の色は黒いが白を最も貴い色としているところから白族と呼ばれるそうだ。
c0072847_16454079.jpg

展望所から大理市内が一望の下に・・・・
c0072847_164602.jpg

c0072847_1653061.jpg


山を降りて、、、大理古城を散策
明代に改修されたもので600年の歴史があるという。古城は城門と城壁に囲まれ四合院造りの白族の家が軒を連ねている。みやげ物屋、野菜、肉・・・マーケットが立ち並ぶ。空気は爽やかだが、高地ゆえ紫外線が強い、サングラスははずせない。
c0072847_17334750.jpg

c0072847_17342521.jpg


藍染工房で絞りを作るおばあさん。藍の絞り染めは清代から続く民間伝統工芸品だそうだ。日本独特のものとばかり思っていたが、こんなところでお目にかかるとは意外であった。
c0072847_1735447.jpg

ここは郊外にある白族の古い街喜州
まさにタイムスリップしたかのよう・・・レトロな佇まいである。
c0072847_17355349.jpg

この看板、分かりますか? そう、歯医者です。今まさに二人の老女が入ろうとしているの図。
c0072847_17385462.jpg

[PR]
by 5-saturn | 2009-09-08 18:19 | travel

@アルブレヒト・デューラーの家(2016/July)


by 5-saturn
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30