*** 私のお気に入り ***

yurisawa.exblog.jp ブログトップ

雲南の旅 ④

大理をあとにワゴン車で山を越え、遂に世界遺産の街麗江(リージャン)に到着した。およそ800年前南宋時代に町がつくられた。麗江市人口のうちほぼ半数が納西族(ナシ族)で独特の文字であるトンパ文字を今に伝えている。
麗江故城内は石畳が敷かれ、その両側にはさまざまな店がびっしり軒を連ねている。
みやげ物屋にレストランに・・・世界中からやってきた観光客で活気あふれている。

高台にある「万古楼」から見下ろす麗江故城の屋並は圧巻!
期待通りの素晴らしい景観だ。

c0072847_19145013.jpg

↑左  ↓右 に並べるとパノラマになります
c0072847_1921578.jpg





翌朝一番に雲南アルプスNo.2の高さを誇る標高5596mの「玉龍雪山」に向かった。この「玉龍雪山」は麗江を象徴する山でもある。4506mの展望台までロープーウェイを使って高低差1100mを登るわけだが
まず麗江市内からバス走ること40分、甘海子に到着。
c0072847_2132128.jpg
c0072847_21323967.jpg


甘海子から海抜3356m地点にあるロープーウェイ乗り場まで別のバスに乗り換える。さすがにこの高さまで来ると高山病っぽい?症状が・・・・富士山頂と同じ高さだから当然のこと。
早速携帯酸素ボンベを購入して、まずは一安心。
c0072847_21404195.jpg
c0072847_2141824.jpg


展望台目指していざロープーウェイに乗り込む!およそ15分後、海抜4506mの展望台に着いた。はや!
あっという間に生涯最高峰に立ちましたぁ!富士山さえ登ったことがないのに・・・一気に記録更新です^^
苦労して登ったわけでもないのに不思議と達成感はあるものだ。
c0072847_21551472.jpg

当初雲に隠れて一寸先は霧の中だったが、一転スーッと霧が晴れて眼前に神々しいまでの美しい山頂が現れました^^ 素晴らしい!  
c0072847_21555741.jpg


高山病になることなくこの海抜をクリアできたことは次の希望に繋がったかも。。。
[PR]
by 5-saturn | 2009-09-17 22:36 | travel

@アルブレヒト・デューラーの家(2016/July)


by 5-saturn
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30