*** 私のお気に入り ***

yurisawa.exblog.jp ブログトップ

エルミタージュ美術館・別館

翌日、エルミタージュ美術館の別館へ出かけました。この別館には19〜20世紀フランス印象派絵画とヨーロッパ絵画コレクションがあります。
2015年に本館3階から移動したばかりで
旅行者にはまだ知れ渡っておらず、15分前に行けば余裕との情報をもとに10時15分に入り口前に行くと、3〜4人程度が並んでいた。
すると、大勢のイタリア人団体客がやって来て、開館時間には100人近くにも。
c0072847_21580269.jpg

とは言っても昨日の本館とは雲泥の差です

部屋に入る前に、まず大階段を上がります。なんだか神殿の階段みたい・・・
c0072847_21580320.jpg


先ず、いきなりマチスの絵画が3部屋に亘って展示されている。
エルミタージュの誇る『ダンス』をはじめとするマチス・コレクションがこれです。
マチスのカラフルでポップな色使いはまさに色の魔術師!
c0072847_21580323.jpg

c0072847_21580318.jpg

c0072847_21580338.jpg

続いてゴーギャン、ルノアール(2部屋)ゴッホ(2部屋)モネ、セザンヌ、ドゥガ、カンディンスキー、ピサロ、ピカソ(4部屋)・・・
ピカソの作品の多いこと!
キュピズム以前の作品も多くあります。
c0072847_02415397.jpg

c0072847_02415338.jpg

まあ、よくもこんな大作を大量に収集したものだ、と感心してしまいます。ロマノフ王朝の富と権力が如何に強大なものだったか容易に想像できますね。

c0072847_21580449.jpg

c0072847_21580470.jpg

エルミタージュでは、もともとこの部門は主流ではないらしいですが、個人的には印象派が好きなので、このコレクションは大いに見応えがあり、大満足でした。
c0072847_02415355.jpg

別館の窓越しに宮殿広場が見えます。
[PR]
by 5-saturn | 2016-07-22 14:37

@アルブレヒト・デューラーの家(2016/July)


by 5-saturn
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31