*** 私のお気に入り ***

yurisawa.exblog.jp ブログトップ

Wiener Musikverein


今年も元旦恒例
ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートのTV中継を観ました。

c0072847_22281670.jpg


世界一と言われる素晴らしい音響を誇る
ウィーン楽友協会『黄金のホール』で
ニューイヤーコンサートを聴くことは
世界中のクラシックファンの憧れ!

勿論、私もその一人です。

過去にその『黄金のホール』でコンサートを聴いたことがありますが

残念ながら
ニューイヤーコンサートではありません。
😢

16〜7年前、初めてウィーンを訪れた時に黄金のホールでモーツァルトコンサートと称した室内楽を聴きました。

・・・それは
モーツァルト時代のキラキラ衣装を纏った演奏者によるもので、観客を18世紀のウィーンにタイムスリップさせてくれる、まさにファンタジックなものでした。

しかし、音響を語るに足るものではなかったのです。


それから十数年を経て
一昨年ウィーンを訪れた時に巨匠ダニエル・バレンボイムのピアノリサイタルを聴く機会がありました。

・・・が
最前列中央席ゆえに
頭の真上にはピアノペダルと
バレンボイムの顔半分と足しか見えない。

黄金のホールで聴く巨匠の演奏、音響は如何許りか、との期待は見事に裏切られてしまいました。
鍵盤を叩く音はガンガン唸るも美しい音楽とは言いがたく、ホールの音響を語る次元ではありませんでした(笑)

ただ、演奏(テクニック)は素晴らしいもので、バレンボイムを真近で感じることが出来ました(苦笑)

実は
この日は運悪く国立歌劇場でフローレスのオペラとバッティング。

こちらは勿論チケット完売。でも僅かな望みを託してギリギリまでウェイティングをかけていました。

もし取れたらピアノの方は諦めるつもりで比較的安い席を買っていたのです。

フローレスの人気ぶりたるや、恐るべし❣️

このアングルです↓
c0072847_22281810.jpg


と言うわけで

黄金のホールを堪能するためには

ニューイヤーコンサートしかない、
しかも最前列ではない場所で!

との結論に至り

以来、毎年チケットを申し込んでいますが

未だにお呼びがありませんね。

[PR]
by 5-saturn | 2017-01-18 18:34

@アルブレヒト・デューラーの家(2016/July)


by 5-saturn
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31