*** 私のお気に入り ***

yurisawa.exblog.jp ブログトップ

バガンのホテル


バガンではオールドバガンにある
バガン・タンデ・ホテルに宿泊。

c0072847_23290279.jpg

タンデ・ホテルは1922年
シンプソン夫人との王室を賭けた恋で知られるあのウィンザー公が皇太子時代、バガンを訪れた時に建てられた由緒あるホテルだそうです。
(当時ビルマはイギリス領でした)

現在、Prince Restaurant としてその面影を今に伝えています。

c0072847_23290207.jpg
c0072847_08195505.jpg


コテージ風の部屋からはエーヤワディー川の眺めが素晴らしく
まさにアジアン・リゾート!
癒されますわね〜

そして
庭の一角がレストランになっており
開放的でリゾート感満載。
c0072847_08195644.jpg


バルーンを楽しんだ後、船で川を下り
車に乗り換えて、ホテルに戻った時は既に9時を過ぎていました。

遅ればせながら、朝食はこのレストランで川を眺めながら頂きます。
c0072847_23290356.jpg

川のせせらぎ、鳥のさえずりを聞きながら
屋外で頂く朝食は最高!

今回は一泊だけでしたが、連泊したくなるような居心地の良いホテルです。

午後は再びパゴダを巡り、綿糸織物やバガン漆塗りの小さな工藝村を見て回りバガンでの観光は滞りなく終了。

それにしても、日中の暑さは厳しい。
おそらく40℃近いのでは・・・
パゴダに入場する際は必ず裸足にならなければならず、それも入り口のずっと手前の屋外から。

炎天下の通路は
もはや焼けたフライパン状態!
アッチチー064.gif
目玉焼きにならないように小走りで通り抜ける有様。

c0072847_23290416.jpg

c0072847_23290506.jpg

c0072847_23290507.jpg

・・・
そして
バガンでの感動を胸に夕刻のフライトでヤンゴンに戻りました。

実はバガン遺跡は未だ世界遺産に登録されていません。
その理由は40年前の地震により崩壊したパゴダをさっさとセメントで修復したこと、当時の軍事政権が近くにゴルフコースや近代的な建物を作ったことでした。

それから40年の月日が流れ

昨年夏に発生した地震によって再び崩壊。今回はなぜか以前セメント修復した部分だけが崩壊しました。現在ユネスコ指導のもと正しい修復が行われています。
世界遺産に登録される日も近いそうです。

つまり
昨年起きた地震によって世界遺産登録への道が近まったとも言えます。
人生塞翁が馬ですわね。


[PR]
by 5-saturn | 2017-02-21 00:44

@アルブレヒト・デューラーの家(2016/July)


by 5-saturn
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30