*** 私のお気に入り ***

yurisawa.exblog.jp ブログトップ

ジークフリート@新国立劇場

c0072847_00000912.jpg


新国立劇場で2015年から3シーズンにわたり上演されているワーグナーのリングチクルス、楽劇『ニーベルングの指環』全4部作の第2日『ジークフリート』のプルミエを観てきました。

2016年秋の『ワルキューレ』から8ヶ月
経て、やっと3作目に辿り着いた!
そんな感じです。

なんと、序夜の『ラインの黄金』から
1年と8ヶ月が経過したことになり、哀しいかな、記憶も感動も薄らいで来つつあります。歳のせいでもありますが、、、
出来れば、1シーズンでとは言いませんが、せめて2シーズンくらいで完結してほしいものです。昨秋の『ワルキューレ』が素晴らしかっただけに期待は高まります。

c0072847_00000939.jpg

開演10分前に着席するとTVカメラやカメラマンが目に飛び込んで来た。これは皇太子待ちのメディアと直感。そう言えばエントランスで警察犬を見かけましたわ。
天皇陛下になられたら気軽にオペラ鑑賞とはいかなくなるでしょう。
天覧オペラとなると警備等も更に大掛かりとなりますね。

c0072847_00001047.jpg

ジークフリートを演じるステファン・グールドは去年より更にひとまわり太っていて、別人か?と見紛う程。
同じヘルデンテノールの昨年他界したヨハン・ボータに体型が似てる?
恐れを知らない若者ジークフリートの天真爛漫さが伝わって来ないのがやや残念なところ。でも歌声は声量もあり相変わらず素晴らしい。

そして3幕目岩山でのブリュンヒルデの目覚め以降の音楽が美しくこの演目最大の聴きどころと言っても過言ではないでしょう。圧倒的に美しい!
まさにワーグナー音楽の真骨頂です。
延々と聴いていたい、そんな気持ちになりました。1幕目ミーメとジークフリートの親子喧嘩に始まり2幕目の大蛇ファフナーとの闘い、ともにパンチが効いて面白いですが、やはり、圧巻は第3幕でしょうか。

いよいよ、今秋ついに第3日『神々の黄昏』で完結します。
グールドはもとよりP.ラング、W.マイヤーなどなどドリームキャストが出演予定、更に新国立劇場開場20周年記念公演ということで祝祭色の濃いものになりそうです。

[PR]
by 5-saturn | 2017-06-02 22:04

@アルブレヒト・デューラーの家(2016/July)


by 5-saturn
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30