*** 私のお気に入り ***

yurisawa.exblog.jp ブログトップ

映画「ダ・ヴィンチ・コード」

恵比寿のヘア・サロンへ出かけたついでに、R・ヒルズにあるToho・Cinema・complexで映画「ダ・ヴィンチ・コード」を観てきました。実をいうと「ブロークン・フラワーズ」を観たかったのですが、残念ながらここでは上映されていなく・・・・「ダ・ヴィンチ・・・」を観ることにしました。。
既に昨年、原作を読んでいたこともあり、正直言ってあれだけの長編を150分に詰め込むには描写に些か粗さを感じざるを得ません。
カンヌ映画祭の初日(17日)の特別上映に先立って、ジャーナリストや批評家たち向けに上映されましたが評判は芳しくなかったようです。上映が終わると、拍手の代わりに口笛が聞かれ、重要な場面では失笑さえ漏れたとか・・・
さらに悪いことに主演のトム・ハンクスはこの翌日突然帰国、ジャン・レノは仮病を使ってインタヴューをキャンセル、その他の関係者も殆ど公式の場で語ることを拒否したといいます。

映画は良きにつけ悪しきにつけ批評されるのは当り前のこと、それを上手く交わせなくては一流の映画人とは言えません。
そんな中で快くインタビューに応じたほとんど唯一の人物がイアン・マッケランです。さすが老練名優イアンマッケラン、この映画のなかでもキーマンを演じていますが、「ロードオブザリング」でカンダルフを演じたことはあまりにも有名です。 自らゲイであることを既にカミングアウトして同性愛者の権利擁護のために積極的な活動をしていることからも、何事にも動じない人間の強さを感じると同時に一流俳優の「粋」を感じます。

pic: AOL・Entertainment                        pic: ダヴィンチ像 
[PR]
by 5-saturn | 2006-05-27 22:47 | movie

@アルブレヒト・デューラーの家(2016/July)


by 5-saturn
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31