*** 私のお気に入り ***

yurisawa.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:news( 77 )

英国民の選択


一昨日フランス語クラスで英国の国民投票が話題に上がった。

Aujourd'hui au Royaume Uni , il va y avoir un référendum pour décider si on sorte , si on reste dans l' Union Europienne .

グローバルな時代となった今、極東アジアの島国に住む私達にとっても他人事ではない。
と言っても今ひとつ実感が湧かないというのが正直なところ。

ところで、マダムA先生はフランス人なのに、そこそこ影響を受けるらしい。その理由は夫が英国人だから。離脱となれば行き来するのも面倒になるし、その他諸々の理由で残留を支持すると言っていた。まさかの結果が出た今彼女の心境を聞いてみたい

c0072847_10473354.jpg



この結果を受けて日本人の私にとって直接利害はないが、世界経済への衝撃は大きく、日本経済も大きな打撃を受けることは間違いないと思う。

また移民受け入れにNOを突きつけたことで、行き場を無くした若者達が自暴自棄に陥るのではないかと危惧している
ともあれ、離脱を選択した英国にはこれから棘の道が待っていることは容易に想像できます。



[PR]
by 5-saturn | 2016-06-25 06:26 | news

iPhone 水没事件


c0072847_12175076.jpg
昨日事件は起きた。
ポケットに入れていたスマホがふとした拍子に落下、水没してしまった。

急いで拾い上げ、びしょ濡れのカバーを外して動作を確認すると通電はOK。次にインターネットもOK。ほっ!

と、喜んだのも束の間
音が出ない、更に電話も通じない。
あれま〜 ついに・・・

とその時、何気にイヤホンを差し込んでみる

あら、不思議・・・

音も電話も普通に使える!

が、四六時中イヤホンを付けて話すのも鬱陶しいものである。

諦めて明日修理に出すことにして
スマホと共に眠りについた。

一夜明けて今朝のこと
なんと、スマホはすっかり元通りの機能を回復していたのだった。ヤッホー❗️

一晩眠って体力を回復したのね(笑)

たぶん本体に染み込んだ微量の水分が一夜のうちに飛んでしまったのだろう。

何はともあれ、めでたしめでたし‼️

なんと、このスマホは昨年海外での迷子事件(紛失)に続き今回の水難事故、2度の危機に晒されるも無傷で生還した強運の持ち主なのだ。

そうは言っても、3度目がないように大切にしなくては!

反省しきりの持ち主である。


[PR]
by 5-saturn | 2016-06-21 06:04 | news

Deutscher Bundestag


やったぁ!!

ついに、Deutcher Bundestag (ドイツ連邦議会議事堂)@ベルリン 屋上ガラスドームの入場予約ができた^^

c0072847_9513014.jpg

(画像:ウィキペディアより)↑


今月中旬ベルリンを訪れるにあたって、 Deutcher Bundestag ははずせない。
数年前までは当日並べば入場することができたらしいが、昨今入場制限をせざるを得ないほどの人気とテロ警戒も含めインターネットで入場予約を得る方法にかわったそうだ。

世界中から観光客が訪れるベルリントップの観光スポット(さらに無料)だけにゲットするのはまさに至難の技だ。一ヶ月以上前から根気よくずっ~とトライし続けた。もはや意地に近い。。。。
もうダメかと、あきらめかけた時、ついにOKメールが届いたのだった。 Good job !!
[PR]
by 5-saturn | 2012-06-02 10:16 | news

心痛


地震発生からまる二日が経った。
被害状況が次々と明らかになるにつけ
だんだん心が苦しくなってくる。

目を覆いたくなるような惨状にただただ呆然!
言葉もない。

さらに原発のこと。
最悪のシナリオだけは避けてほしい。
今は最小の被害で収まることを祈るばかりだ。
[PR]
by 5-saturn | 2011-03-13 18:39 | news

巨大地震の恐怖

その時、たまたまTVで国会中継を観ていた。菅直人の外国人からの献金疑惑追及を観て、相も変らぬ恥知らず回答に憤慨していたら、突然「東北地方に大きな地震が発生します」とのテロップが流れた。

・・・と途端に、我が家もグラグラと揺れ始めた。
「またいつもの地震かぁ」と悠然と構えていたが、次第に揺れが強くなり、且ついつまでも止まない。そうこうしているうちにガタガタと音をたてながら家全体が大揺れになってきた。

わずか3分程度の揺れだったかもしれないが、生きた心地はしなかった。
やっと本震が一段落して、ほっとしたのもつかの間、また大きな揺れが襲って来た。

過去経験した事がない程の強い地震だったものの、それでも揺れが収まれば落ち着いてくる。間断なく余震が続くが、食器棚から飛び出した食器を片付けたり、散乱した本を本棚に戻したりした。


のちにわかったことだが、本震M8.8の直後M6.8が発生したらしい。巨大地震がダブルで直撃した形だ。阪神神戸地震規模の地震が同時に二つ襲ってきたのだからたまったものではない。

TVを見ると、国会もそれどころではなく、絶体絶命だった菅直人への追及劇も一時休戦。地震報道一色に変わった。

オンタイムでTV中継される津波映像を見て、声を失った。東北地方のそれは、関東の比ではない。
また津波の襲来はまるで映画のワンシーンにようにしか見えない。信じられない光景だ!

しかし一夜明けて一瞬にして壊滅した町の惨状がTVに映し出される。逃げる暇すらなく、津波に巻き込まれた被災者も多いだろうから、時間が経つ程に被害は更に大きくなるだろう。

自然の威力を前に人間はなす術もないことをまた思い知らされる。

被災された方々には心からお見舞いを申し上げます。
[PR]
by 5-saturn | 2011-03-12 12:49 | news

今日は・・・


7月12日、参議院選挙結果出揃う、W杯サッカー決勝、仏映画「Les aventures extraordinaires d'Adèle Blanc-Sec」を観る。イベント集中の一日だ。

参院選挙、ちょうど一年前熱狂的な支持を受け大勝利した民主党が惨敗した。その民主党から離反した付和雷同の民の声は自民党へ傾いた訳でもない・・・「みんなの党」へどっと流れたそれは一年前の民主党を彷彿とさせる。付和雷同の民意に翻弄され迷走する政治にはもう何も期待できないということがはっきりわかった。投票した候補者は落選したし・・・

w杯サッカーはスペインの優勝で幕をおろした。大会が終了した頃にやっとブブゼラの音が気にならなくなった。今回のw杯最大の人気者であったマラドーナ敗退以降、彼にとってかわって人気を集めたのがあの占いタコだった。マラドーナとタコ、際物つながりですかね。

そして映画「アデル・d'Adèle Blanc-Sec」である。
監督、脚本はあの鬼才リュック・ベッソンなのだが・・・
「ハムナプトラ」と「インディージョーンズ」と「ナイトミュージアム」を足して三で割ったような映画だった。フランス的なシニカルさも随所に散りばめられているものの、冒険でもなくファンタジーでもなく・・・いやはや掴みどころのない映画であった。

というわけでイベントが多いわりには不毛な一日であった。
[PR]
by 5-saturn | 2010-07-13 00:01 | news

presentation of my work


気がつけばもう一月も半ば!

昨日、ロビー展用の作品を提出して一段落した。
今日から一ヶ月間R大学のロビーに展示されることになる。
前回のロビー展はこれ
この一年で進歩した自覚はまるでナシ。
ま、あえて言うなら手首がスムーズにまわるようになったことくらいか?

先生のひとこと 「みんな、上手にかけてるじゃない^^それなりに」 であった。

今月から教材として「高野切三種」を少しずつ練習することになった。
かなを始めた時、最初の目標がこれだったので、漸くかな書道のスタートラインに立った実感がする。今年はできるだけ多くの墨時間をとりたいと思う。

そして昨夜は大学近くの中華レストランで趙先生を囲んでチャイ語『差不多会』の新年会だった。
味に定評のある店だけにどれもこれも 「ヘン ハオチー!」
またまた写真撮るのを忘れた!(忘れてしまうくらいよく喋ったぁ)
飲んで食べて話して(99%日本語というのが悲しいが・・・) 次の中国旅行話もちらほら、、、

今年も 『差不多』 でいきまっしょい! めでたくお開きとなった。
 
*差不多(チャーブドウ)=大体こんなもの、まぁいいじゃん(肩の力を抜いて楽に行こう) の意。
[PR]
by 5-saturn | 2010-01-15 11:10 | news

A HAPPY NEW YEAR



新春の寿ぎを申し上げます

この年末年始10日余、九州の実家でのんびり過ごし昨日帰宅。
復路の機上から望む富士山は実に美しかった。
九州に行くたびに幾度となく機上から見下ろす富士山だが
今回の富士は 座席位置(5A)、アングル、距離感(特に駿河湾上空での)といい、冠雪の量といい、これ以上望むべくもない好条件が相俟って、真に美麗な姿を見せてくれた。
思わず手を合わせずにはいられない、それほど神々しい富士の峰だった。
画像がないのがすごく残念。

とまぁ気持ちよくスタートした2010年も、はや一週間が過ぎた。
念頭にあたっての抱負など述べる歳ではないが、とりあえず去年から引き続き「語学」と「墨時間」は継続といったところですか。

肩の不調でしばらく休止を余儀なくされたバイオリンの替わりにピアノを再開したいと思う。今年はショパン・イヤーということもあり、ショパンのレパートリーを少し増やそうかと思っている。

ともあれ、何をするにもまず健康なればこそ。 
体を鍛えるではなく体を動かすことをモットーに前進しよう!

というわけで本日午後から2010年始動デス。

追) スキン画像は「信貴山朝護孫子寺」張子のトラです。大阪に住む姪夫婦からの頂きもの。
[PR]
by 5-saturn | 2010-01-07 10:56 | news

万里の長城から・・・・


現在、北京旅行中の友人からメールが来た^^ 万里の長城からの062.gifだった。
スケールの大きさに圧倒、感動している様が伝わってくる。
                                       ↓(2007/ Mar)
c0072847_18543639.jpg


私が行ったのはまだ根雪が残る早春三月だったが
今日は北京も好天だったらしく、思う存分長城の絶景を満喫できたことだろう♪

初めての中国、感想を聞くのが楽しみである♪

謝謝!
[PR]
by 5-saturn | 2009-11-06 20:12 | news

晴れて無罪放免!


c0072847_2135359.jpg

一昨日我が家に保健所から電話がかかってきた。
「いかがですか、その後お変わりありませんか?」
昨日がNYから帰国してちょうど10日目、潜伏期間満了の日だったからだ。

この間、風邪をひかないよう細心の注意を払いながら生活してきた。
嗽、手洗いの励行は怠らず、買出し以外はなるだけ外出を控えた。

万一発熱でもしようものなら、マスコミをあげての「魔女狩り」ならぬ「豚」狩りに合う事は必至。「絶対に風邪をひいてはいけない」その一心で10日間を過ごした。


一度、7日目に大ピンチ到来!
息子が夕方39度の発熱、悪寒、のどの痛みを訴えながら帰宅。
症状はまるでインフルエンザとそっくりなのだ。
このときばかりは『とうとう新型インフルエンザが・・・』と暗い気持ちになった。

翌朝一番で病院に行ったところ、「インフルエンザではなく、単なる風邪」と判明し、ホッと一安心。一日経つと平熱に下がり、もうピンピンしている。若人は治りも早いわ!

こんな苦労もあったが、全て解消です。
なにかと不自由な10日間だったが、たまった本を読んだり、買い溜めたオペラのDVDを何度も観たり、ヴァイオリンのおさらいもできた。 オタク生活も悪くない。

昨日はチャイ語クラスにも復帰、 今日は早速、映画「天使と悪魔」を観て来た♪
娑婆の空気はいいものだな^^
[PR]
by 5-saturn | 2009-05-15 21:37 | news

@アルブレヒト・デューラーの家(2016/July)


by 5-saturn
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31