*** 私のお気に入り ***

yurisawa.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ヤンゴンあれこれ


昨日バガンから再びヤンゴンに戻りました。
この3日間というもの5時起きが続いた所為か昨夜は爆睡!

今朝は時間を気にせずゆるりと朝食を頂きます
c0072847_08243276.jpg

c0072847_08243353.jpg

アジアのホテルの朝食は米、麺系のメニューが充実しているので嬉しい❣️
東南アジアのスパイシーな料理好きには堪りません。

朝から食べ過ぎた!

昨今目覚ましい経済発展を遂げるヤンゴンですが交通インフラに関してはまだまだ。

移動手段はバスまたはタクシーとなります。でもミャンマー語ができないと難しいかも知れません。

私達は今日、明日は娘さんの自家用車でヤンゴン市内のあちこちを巡ることに。

彼女は英語は勿論、駐在3年間でミャンマー語もマスターしたという勉強熱心な女性。その物知りぶりはガイドも顔負け072.gif
大船に乗った気分で楽々!

c0072847_08243435.jpg


ヤンゴン市内にあるミャンマー最大のの聖地シュエダゴォン・パヤー
「パヤー」とは仏塔のことで
英語で「パゴダ」と呼ばれます。

シュエダゴォン・パヤーは
シングッダヤの小高い丘に黄金色に輝くヤンゴンの聖なる象徴で

仏塔の周りにはこの様な小さな祭壇があり沢山の人が手を合わせています。
c0072847_08243517.jpg

c0072847_08243507.jpg


これはミャンマーの伝統暦「八曜日」の
守護像。「七曜日」と違うのは水曜日が午前と午後に分かれているからです。

ミャンマーの人たちにとって何日にではなく何曜日に生まれたかが重要で、曜日によって性格、人生そして相性が決まるそうです。結婚相手選びの重要な条件だとか。

私も金曜日の祭壇でしっかりお参りしておきました。○十年遅かりし・・・007.gif

夜ともなるとライトアップされ
暗闇の中でもパゴダは金色の輝きを放っています。
c0072847_22044718.jpg


次に
ヤンゴンの巨大な寝仏で有名な
チャウッターヂー・パヤー
(全長70m、高さ17m)
下の写真で左下にいる人を見れば寝仏の大きさが分かります。
c0072847_08243697.jpg


優しいお顔で
なかなかのイケメンですね。

聞くところによると
このお釈迦様はミャンマー顔だそうです。
バガンでもインド顔とミャンマー顔のお釈迦様がいました。

足の裏には見事な仏教宇宙観図が描かれています。見ているだけなのになんだか擽ったいな!
c0072847_08282014.jpg



ミャンマーと言えばビルマ独立に尽力したボージョー・アウンサンを忘れてはいけません。1945年から暗殺された時までの2年間住んだ家。現在は博物館として公開されています。

日本大使館などがある住宅街に佇むコロニアル風の建物。2階には娘アウンサン・スーチーが当時使用していた木製ベッドなどが展示してありました。
c0072847_08282121.jpg

c0072847_08282105.jpg

ビルマ独立の父と言われるボージョー・アウンサンは、志半ば32歳の若さで暗殺されました。

それから70年、様々な紆余曲折を経て、やっと民主化の緒についたばかりのミャンマー。

国民から絶大な支持のあるアウンサンの長女スーチー女史だけど、夫が外国人なので大統領にはなれず、国家顧問として 影の実力者でしかありません。
表面的にはティンチョー大統領のもと、民主国家への舵取りが始まりました。

しかし軍部残党の影響も強く、現実の民主化は、「遅々として進む」状況でしかありません。

父アウンサンの夢が叶うのは、いつになるのでしょうか?

そんなことを考えさせられました。

[PR]
by 5-saturn | 2017-02-22 21:21

バガンのホテル


バガンではオールドバガンにある
バガン・タンデ・ホテルに宿泊。

c0072847_23290279.jpg

タンデ・ホテルは1922年
シンプソン夫人との王室を賭けた恋で知られるあのウィンザー公が皇太子時代、バガンを訪れた時に建てられた由緒あるホテルだそうです。
(当時ビルマはイギリス領でした)

現在、Prince Restaurant としてその面影を今に伝えています。

c0072847_23290207.jpg
c0072847_08195505.jpg


コテージ風の部屋からはエーヤワディー川の眺めが素晴らしく
まさにアジアン・リゾート!
癒されますわね〜

そして
庭の一角がレストランになっており
開放的でリゾート感満載。
c0072847_08195644.jpg


バルーンを楽しんだ後、船で川を下り
車に乗り換えて、ホテルに戻った時は既に9時を過ぎていました。

遅ればせながら、朝食はこのレストランで川を眺めながら頂きます。
c0072847_23290356.jpg

川のせせらぎ、鳥のさえずりを聞きながら
屋外で頂く朝食は最高!

今回は一泊だけでしたが、連泊したくなるような居心地の良いホテルです。

午後は再びパゴダを巡り、綿糸織物やバガン漆塗りの小さな工藝村を見て回りバガンでの観光は滞りなく終了。

それにしても、日中の暑さは厳しい。
おそらく40℃近いのでは・・・
パゴダに入場する際は必ず裸足にならなければならず、それも入り口のずっと手前の屋外から。

炎天下の通路は
もはや焼けたフライパン状態!
アッチチー064.gif
目玉焼きにならないように小走りで通り抜ける有様。

c0072847_23290416.jpg

c0072847_23290506.jpg

c0072847_23290507.jpg

・・・
そして
バガンでの感動を胸に夕刻のフライトでヤンゴンに戻りました。

実はバガン遺跡は未だ世界遺産に登録されていません。
その理由は40年前の地震により崩壊したパゴダをさっさとセメントで修復したこと、当時の軍事政権が近くにゴルフコースや近代的な建物を作ったことでした。

それから40年の月日が流れ

昨年夏に発生した地震によって再び崩壊。今回はなぜか以前セメント修復した部分だけが崩壊しました。現在ユネスコ指導のもと正しい修復が行われています。
世界遺産に登録される日も近いそうです。

つまり
昨年起きた地震によって世界遺産登録への道が近まったとも言えます。
人生塞翁が馬ですわね。


[PR]
by 5-saturn | 2017-02-21 00:44

熱気球で空中散歩@バガン


未だ夜も明けやらない早朝5時過ぎ、バルーン会社のピックアップ車が迎えに来ました。

途中ホテル3ヶ所で客をピックアップしながら走ること30分、車はバルーン駐機場に到着しました。

そこではバルーン他2社を含め3社、合わせて24機、まだ萎んだまま横たわっており、その周りでは着々と離陸準備が行われています。
c0072847_22422301.jpg


まず乗り込む前に私達は用意されたパンとコーヒーをいただきます。
ここバガンは高地なので、乾季の今、朝晩は結構冷え込みます。薄手のダウンが必要なくらいです。
あったかいコーヒーが浸みわたりますね。
c0072847_22422368.jpg

c0072847_22422406.jpg

c0072847_22422595.jpg


準備が整いました。
バルーンは黄色の GOLDEN EAGLE号

バスケットによじ登り、跨いで、なんとか人手を借りずに乗り込むことができました。ふぅ!

私達のバルーンには男性パイロット(スイス人)ひとり、日本人4名(女性)
ドイツ人カップル、スイス人カップル
計9名が乗り合います。

c0072847_22422573.jpg

上昇と同時に東の山合いから太陽が昇り始めました。
昨日西に沈んだあの太陽ですよ!

思えばこの2日に渡って絶景のサンセット、サンライズを連続で見るということになり、一生に一度あるかの貴重な体験です

c0072847_22422683.jpg


上からの眺めは真に絶景!

It's Amazing ❣️
It's Fantastic ❣️
と、感嘆、賞賛の声が飛び交います。

バガンオールドタウンに点在する数千の
パゴダ群はまるでミニチュアの箱庭さながら。まるで御伽の国に舞い込んだ気分です。おおっー!
大興奮!!

c0072847_22422667.jpg

眼下には昨日訪れたパゴダが見えます。
地上で見るのとはまた違う素晴らしい眺めにまた感動053.gif
c0072847_12333997.jpg

c0072847_12334093.jpg


1時間余の空中散歩もそろそろ終点に近づき
c0072847_22422853.jpg

徐々に降下し始めました。

エーヤワディー川の岸に無事に着陸。
夢のような空中散歩が終わりました。

遥々ミャンマー、バガンの地へ来てほんとに良かったぁ!

パイロットを囲んでパチリ
c0072847_11132019.jpg

着陸地点にはシャンパン、果物が用意されており、最後に9人全員で無事終了の乾杯!
c0072847_11132060.jpg


こんな修了証も頂きました。
c0072847_11132140.jpg





[PR]
by 5-saturn | 2017-02-20 23:03

バガンにて

今回の旅のハイライト
バガン(BAGAN)へ移動します。

バガンとヤンゴンの位置関係はこんな感じ
c0072847_14162180.jpg


早朝5時にヤンゴンのホテルをチェックアウトしてタクシーで空港へ急ぎました。
流石にこの時間帯は昼間の渋滞が嘘の様に
空きまくり。飛ばすね〜!

少し早くヤンゴン空港に到着。
サクサクと・・・
定刻に離陸しました。

c0072847_14162296.jpg


気がついたら朝から何も食べていない。
お腹が空いていたところに機内食が配られ
タイムリーに食べ物にありつくことができました。ラッキー!
c0072847_14162252.jpg

そうこうする内に機窓からバガンの赤茶けた土地が見えてきました。
c0072847_17260520.jpg

バガン・ニャウンウー空港に到着
c0072847_17260662.jpg

c0072847_17260755.jpg


バガンはカンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドール遺跡と共に
世界三大仏教遺跡群と称され、ミャンマー屈指の聖地となっています。

11〜12世紀に建てられた3000を超える仏塔(パゴダ)がイラワジ川流域の平野部に林立していています。

地上ではパゴダを巡り
空中からは日の出の時間に合わせて
熱気球に乗り、上からの眺めを楽しもうというのがバガン観光の王道。

と、言うわけで
明日早朝、熱気球に乗る予定にしており
絶景体験することになります。
ワクワクしますわ〜❣️

ま、この為にミャンマーにやって来たと言っても過言ではありませんから。

3000もあるパゴダの中で特に重要なパゴダを紹介します。

☆シェジィーゴンパゴダ
バガンを代表する黄金の仏塔。
巨大なパゴダはキンピカに光り輝いています。
c0072847_17260718.jpg


☆アーナンダ寺院
バガンで最も美しい貴婦人の様な寺院といわれている。
c0072847_17260826.jpg

c0072847_17260805.jpg


☆ティーローミィンロー寺院
17世紀に描かれたフレスコ画が残っていて
比較的保存状態もよい。
ティーローミィンローとは『傘の王』の意
c0072847_17260909.jpg


☆スラマニ寺院
バガンのパゴダの中で一番多くのフレスコ画が残っている。11世紀のものらしい。
c0072847_17261059.jpg



朝夕はジャケットが必要なくらいですが
日中は35〜40℃! 陽射しは強烈です。

乾季は湿度が低いので日蔭に入れば少しはホッとしますね。

夕刻になるとバガン名物、エーヤワディー川(イラワジ川)に沈む夕日を見ようと
多勢の観光客がシュエサンドー・パゴダに
集まります。

c0072847_23152301.jpg


いい席を取るため日の入り1時間前には
パゴダの4階まで上がり日没をじっと待ち続ける。なんとも凄い数になりました。

今か今かと、カメラを手に待ち続けます。
落ちない様に気をつけなくちゃね
c0072847_23152348.jpg

c0072847_23152432.jpg

c0072847_23152520.jpg




感動のサンセット!
美しい❣️
今にも転げ落ちてしまいそうな
急石段を登って来た甲斐がありましたぁ!

この日の夜は
操り人形劇レストランで食事しました。
ミャンマーの伝統的な操り人形劇と伝統舞踊の二部制になっており
食事をしながら鑑賞します。
c0072847_18303542.jpg

c0072847_20162970.jpg

c0072847_20162943.jpg

いきなり060.gifお座敷小唄なんぞ
飛び出てて、ビックリでした。↓
c0072847_22460879.jpg


今夜はタイ料理
タイ炒めご飯とトムヤムクン
c0072847_20163083.jpg

c0072847_22460888.jpg
c0072847_22460960.jpg

9時過ぎにはホテルに戻り、明日の5時半起きに備えて早めに就寝しました。

2日連続の5時起きなんて
なん年ぶりでしょう?

明日はワクワクの熱気球です。
[PR]
by 5-saturn | 2017-02-19 23:19

仏塔の国ミャンマーへ

昔、ビルマと呼ばれた国ミャンマーへ
行ってきました。
今回は親友のM子さんと一緒です。

乾季の今がミャンマーのベストシーズンというので、寒い2月の日本を飛び出して常夏のヤンゴンへ、いざ!

c0072847_00592831.jpg


成田からヤンゴンへはANAの直行便で約7〜8時間。

今回はお話好きの彼女と一緒なの
話題には事欠きません。

合間に機内映画『インフェルノ』を観ただけ。あとは退屈する間も無くあっという間にヤンゴン空港に到着しました。

空港ではヤンゴン在住のM子さんの娘さん夫婦が出迎えてくれました。

乾季とは言え、東南アジアですから
暑さは覚悟していましたが
予想外の涼しさに拍子抜け!
湿度が低く、アジア特有の纏わりつくようなベタベタ感はありません。
c0072847_00592851.jpg

c0072847_00592920.jpg

空港からホテルまでは20キロ程度ですが
昨今の急速な経済発展で道路は大渋滞!
1時間もかかってしまいました。

c0072847_00592974.jpg

チャトリアム・ホテルにチェックイン。
ホテルのロビーでは
ビルマの竪琴(サウン・ガウ)
の生演奏中!
癒されますわ〜

その昔、市川崑監督の映画で
ビルマ人の格好した水島上等兵が奏でていましたっけ。

このあと、
夕食はダウンタウンのミャンマー料理店へ移動。

海老のミャンマーカレーか絶品でした。
インドとタイのカレーを足してニで割ったような、何ともあとを引く味です。
美味しい〜❣️
c0072847_00593018.jpg


ミャンマービールで乾杯!
c0072847_00593107.jpg


飲んで食べて、、、あっという間に時間は過ぎて、、、
ホテルに戻ったのはすでに10時をまわっていました。

部屋からの夜景ですが
電力供給が追いつかずこんな感じ。

遠くに一つだけ光り輝いているのがヤンゴンの象徴、黄金の『シェダゴン・パゴダ』
c0072847_00593188.jpg

こうして
ヤンゴンの1日目が終わりました。
明日は早起きしてバガンへ行きます。
[PR]
by 5-saturn | 2017-02-18 23:56

大卒魚に舌鼓


先週のことになりますが
銀座にある「近畿大学水産研究所」で
友人3人と一緒にランチしました。

なんだかお堅い店名ですが
実はこの店、あの近大マグロが食べられるレストランなんです。

c0072847_16300850.jpg


「近畿大学水産研究所」銀座店の近くには
かの島崎藤村や北村透谷が学んだ泰明小学校があります。

小学校正門横に石碑があります。
c0072847_14163548.jpg

2代目銀座の柳も霰混じりの中
寒そ〜うだわ。


c0072847_20423226.jpg

季節会席(耕)
取り敢えずビールで乾杯!

後で日本酒も少しいただきましたけど。。
やはり生魚には日本酒ですかね。

前菜含め全八品

マグロの他に近大真鯛、近大鰤、近大カンパチ、近大穴子もあります。

どれも新鮮プリプリで、美味し〜い!

前菜↓
c0072847_16300926.jpg


そして
この店一番人気のメニューは何と言っても、近大マグロと選抜鮮魚のお造り盛り合わせ。自慢の近大マグロのトロ、赤身、真鯛ほか研究所で養殖された魚の盛り合わせです。

目の前に登場した盛り合わせにはカードが添えてあります。
なに、なに? 目を凝らして見ると
なんと、それは
近畿大学水産研究所の養殖課程卒業証書だったのです(笑)

まぁ、なんとも粋な計らい!

c0072847_16300946.jpg


焼き物、揚げ物、汁物、和え物、と
バリエーション豊かに調理された大卒魚をたっぷり堪能しました。
[PR]
by 5-saturn | 2017-02-14 17:28

ベトナムみやげ


ベトナム料理と言えば
フォー!

ベトナムみやげの定番と言えば
インスタント フォー!

c0072847_10003364.jpg


この正月にベトナムへ旅行した長男が買ってきました。

ピンク、グリーン、オレンジ・・・
カラフルな原色麺はかなりインパクトあります。口にするには些か勇気いるなぁ。

さらに、驚くなかれ

これら全部で20000ドン(100円)だと!

や、安っ❗️

なるほど
安、軽、単
人気の訳ね^_^

[PR]
by 5-saturn | 2017-02-09 22:19

スーパーなマンデー⁉️

昨日は米国ではスーパーサンデーと言われ
アメフト好きには一年で一番ワクワクする日曜日なのです。

今年はペイトリオッツvsファルコンズ!
(ペイトリオッツ勝利の予感あり)

我が家もアメフトファンの端くれとして
日本に居ながら毎年TVのライブ中継を楽しみにしています。

ですが

この日はゴルフ場の予約を入れていたので
残念ながらリアルタイムで観るのは叶いません。

さらには
この日はPGA 「Waste Management Phenix Open」の最終日も同時進行中。
こちらも松山英樹が優勝争いの真っ最中!

ウィニングパットを見逃したら大変!
(何故か松山優勝の予感がしました)

こちらもREC設定していざ出発。
帰宅するまでは一切の情報は
見ざる、聞かざる!
(スマホも気を付けなくちゃ)笑

前回強風のリベンジもあり
入念に天気予報を調べて、この日に決定予約したのですが、
9時スタート時点で「天気晴朗なれど風強し」

c0072847_15035795.jpg

c0072847_15035849.jpg


もう既に前回に「勝るとも劣らない」と言うか「劣るとも勝らないか」の強風でした(苦笑)

でも、何故か全体的にショットが安定しており、そこそこの結果で上がりました。
開き直りが功を奏したのか?
よくわからないけれど
メンタルが大きく作用するスポーツということか?

気を良くして夕方帰宅。

ゴルフに引き続きスーパーボール、と延々5時間観戦。幸い私の予想は100%的中🎯
気分はスーパーなマンデーでした。

それにしても

松山英樹、凄いです!
座右の銘は
「平常心」「才能は有限、努力は無限」

平常心か〜
いつになったら
・・・凡人の溜息。。。

[PR]
by 5-saturn | 2017-02-07 11:48

幻の名画?


夫が額縁欲しさにオークションで落札したものに、絵画も一緒に付いてきた。

この絵を見た夫は
「おぉっ〜 これはいいな!
きっと名画に違いないぞ!」と言う

「どれどれ? 」と
私も覗きこんで見ると

そう言えば

先般エルミタージュ美術館で観たあのマチスの絵画を彷彿とさせる。

「これ、ひょっとしてマチスの絵かもよ」
と言うと

「いやいや、この豪放且つ繊細なタッチは梅原龍三郎に違いない」
と、意見が真っ二つに分かれた。

とここで、絵を調べていた夫が「額縁の裏に鹿児島の地方都市の画材店のシールが貼ってある」と、勝ち誇ったように言う。

私は長年美術館巡りをしているのでそこそこの見識はあると思っているのだが

にわか仕込みの知識のくせに、夫は一歩も引こうとはしない。

未だに我が家では、侃侃諤諤の議論が続いているが

惜しむらくは
サインも落款もないのでお互いの正当性が証明できない。(笑)

今や額縁はそっちのけで、関心は絵の方に向かってしまいました。

その絵がこれです!
c0072847_13042242.jpg


[PR]
by 5-saturn | 2017-02-05 21:31

@アルブレヒト・デューラーの家(2016/July)


by 5-saturn
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30