*** 私のお気に入り ***

yurisawa.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

世界遺産『富岡製糸場』

翌日、谷川温泉♨️を後にして
上信越道に乗って『富岡製糸場』へ

みなかみインター入り口でETCが開かないハプニングが起き、ちょっと焦りましたが幸い交通量が激少だったので大事には至らず、紙の通行券を渡され通過することができました。もし混雑していたら?と思うとゾッとしますね。

この富岡製糸場は
世界遺産に登録されて間もないわりには意外にも観光客は少なめ、駐車場も容易に確保することができました。

c0072847_20340365.jpg


当時そのまま、フランス積みのレンガ壁が美しい!
c0072847_20340498.jpg


先ず、富岡製糸場の歴史をコンパクトに纏めたビデオを視聴して概略頭に入れて
スタートです。

因みにフランス積みレンガとは長い面と短い面を交互に並べる積み方。華麗な見た目が明治初頭は好まれたそうです。
100年超えてもこの美しさ!
感動ものです。
c0072847_12415061.jpg


当時のように繭から生糸を紡ぐ実演コーナーには人が殺到していました。
c0072847_12415030.jpg


時は明治初頭「富岡製糸場ではフランス人に生き血を抜かれる」とデマがあったにも拘らず、ここで働き、生糸業界を支えた女性たちの映画「紅い襷」が、しっかり宣伝されていました。

マスコットキャラのお富ちゃん。
c0072847_20340508.jpg

c0072847_20340568.jpg


女工さんの寄宿舎
c0072847_14053343.jpg

c0072847_14053427.jpg


『富岡製糸場』の近辺には最近出来たばかりのお土産屋、食べ物屋が軒を連ねているがそれ以外はシャッターの降りた店が目につき寂れ感は否めない。世界遺産登録は富岡にとって千載一遇のビジネスチャンスなのだろう。街をあげて活気を取り戻そうとの機運はよく伝わりました。


[PR]
by 5-saturn | 2017-08-26 18:05

太宰治ゆかりの宿

c0072847_21190972.jpg

ドライブがてら谷川岳の麓、谷川温泉郷にある『旅館たにがわ』へ行って来ました

昨年9月に宿泊した『仙壽庵』の至近、同系列の宿で、いわばその本家とも言える
谷川温泉の老舗旅館です。

この旅館、今を去ること80年前に文豪太宰治が転地療養のためこの旅館(当時は谷川館)にひと月近く滞在したそうです。

館内にはミニギャラリーがあり
c0072847_21191072.jpg

太宰治文学資料や写真集、最初の妻小山初代、玉川上水で死の道連れとなった山崎富栄の資料から東京帝大時代の定期券、学生証に至る貴重なものが展示してあります。なかなか興味深いです!
c0072847_21191018.jpg

昭和8年のレトロな定期券ですね。
水道橋↔︎荻窪・・・中央線でしょうか?
小さいけれど故人の息遣いを感じる貴重な遺品に感動してしまいました。
c0072847_22283484.jpg


ハーブティーのサービスもあり
まるで我が家のリビングに居るかのような
寛ぎ感満載!
気がつけば1時間近く経っていました。

文学に浸ったあとは

さて、ひとっ風呂浴びますか♨️

[PR]
by 5-saturn | 2017-08-24 20:36

@アルブレヒト・デューラーの家(2016/July)


by 5-saturn
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31