*** 私のお気に入り ***

yurisawa.exblog.jp ブログトップ

アウシュビッツ・ビルケナウ収容所


クラクフ近郊には人類史上最悪とも言えるナチスによる大量虐殺が行われたアウシュビッツ・ビルケナウ捕虜収容所があります。

個人で訪れるにはクラクフ駅から電車で、ということになりますが、本数も少ないうえ何かと時間もかかりそうなので、今回 SEE KRAKOW のバスツアーに参加しました。

12時25分所定のピックアップ場所で待ってると
ガイドのピーターさんが現れました。
ここでは私達二人とイギリス人、フランス人の女性其々二人合わせて4人のみ、車が待機する場所に行くと、10人に増え、更にピックアップしながら、最終的には20人に膨れ上がりました。
これは英語ガイド組で、この日の午後ツアーは他に仏語、スペイン語、イタリア語の組も催行していました。
連日世界中から多くの観光客が訪れているんですね。

1時間半車に揺られ、ビルケナウ収容所に到着。

"ARBEIT MACHT FREI"
     「働けば自由になる」の文字が目に入る

こんな言葉はナチスの欺瞞だったのです。

そういえば、ドイツのミュンヘン郊外にあるダッハウきょうせい収容所にも同じものがありました。

ここからツアーが始まります。

当時そのままの数十棟のレンガ造りの建物を、博物館さながらに展示棟として公開されています。

収容された人々の髪の毛、眼鏡、カバン、等々
銃殺処刑の場所、そして極め付けはガス室。
見て行く内に次第に気が重くなって来ます。
私達はガイドの説明にも、ただ無言で頷くばかりでした。

2時間程度見学した後は
そこから2〜3km離れた場所に移動。

そこはヨーロッパ全土から列車で強制連行された、囚人達の終着地を復元している広大な場所だ。

この光景は誰でもテレビや雑誌で、一度は目にしたことがあると思います。

アウシュビッツの悲劇は人間の仕業にほかならないのです。
イスラム国、北の暴挙しかり。
今そこにある脅威は、何かのキッカケで暴発し
いつまたどこでこのような悲劇が繰り返さないとも限らない。

冷たい小雨の中を歩きながら、こんな身震いするような思いがこみ上げてきました。




[PR]
# by 5-saturn | 2017-10-07 13:43

ちょい住みクラクフ

 
17世紀頃までポーランド王国の首都だったクラクフは、ポーランドで最も歴史のある都市のひとつです。
先の世界大戦では奇跡的に破壊を免れ
ポーランド王国の栄光を今に伝えています。
まさにポーランドの京都と言えますね。

旧市街入り口にあるバルバカン(城砦)
現存するバルバカンはクラクフ、ワルシャワとカルカッソンヌ(仏)の3ヶ所のみだそうです。
c0072847_14450565.jpg

今回そんな古都クラクフを肌で体験すべく
アンティークなホテル『オルロフスカ・タウンハウス』に宿泊することに。

それこそ京都の町屋の様な、築200年超のアパートを改装したキッチンを備えたホテルです。

フロレンスカ門をくぐり、旧市街のスローコウスカ通りに面する一見見過ごしてしまいそうな小さな入り口がホテルのエントランス。
c0072847_16012150.jpg

レセプションには若い女性がひとり、和かに迎えてくれました。
と同時に奥から年配の男性が現れて「ようこそ!」
誰かと思いきや、実はこのホテルのフランス人オーナーでした。
個人経営ならではのアットホームな光景です。

当然のことながら、エレベーターは無し。
ギシギシと軋む階段を上り2階(日本では3階)
の部屋に通されました。
その名も『貴婦人の部屋』
部屋番号ではなく、部屋のイメージでネーミングされているのです。

中に入ると、そこには古き良きヨーロッパの雰囲気満載。
当時の館を彷彿とさせる、凝ったインテリアが設えてあります。
貴婦人の肖像画も、です(笑笑)
まるでタイムスリップしたかの様!
c0072847_13113495.jpg
キッチンもちゃんとあります。
c0072847_15351859.jpg
今朝の朝食、いただきまーす!
c0072847_15363938.jpg
これから5日間 
" ちょい住みクラクフ " のノリで初ポーランドを楽しむとしましょう。


[PR]
# by 5-saturn | 2017-10-06 12:22

ポーランドの古都クラクフ

午後フランクフルト空港からポーランドのクラクフへ移動。ルフトハンザ航空のハブであるこの空港は広大な敷地に建つ二つのターミナルが有りルフトハンザはその第1ターミナルをほぼ占有している。
c0072847_15533521.jpg
人員削減の為か対面チェックインは僅かしかなく、ズラリと並んだ自動チェックイン機と自動荷物預機を使わなければなりません。
後者は初めての経験、自動で出てくるラゲージタグを自分の荷物に取付けなくてはならないので少し戸惑いましたが、事なくチェックイン終了。

広大なターミナル内の移動は大変。
なんとクラクフ行きは一番遠い68番ゲート
最長距離を移動することになります。

少なくとも2km近く歩きました。こんな時、日頃のウォーキングが役に立ちますわね!

なんと、クラクフ行き満席です!

飛行中に隣席の男性が「こんにちは!」と話しかけて来た。聞けば、彼はトロント在住のポーランド人でクラクフの実家の母親に会いに来たそうです。母親は認知症を患っていて「僕のことがもうわからないんです。トロントから14時間かけてやっとです」と疲れた様子で語っていました。

そして、退屈している間も無くクラクフに到着。最後に「I hope your mam will be better」と言って別れました。今頃は久しぶりの親子対面の喜びを噛み締めていることでしょう。

初のクラクフに到着しました。
予め依頼しておいたタクシーに乗り込んで、ホテルへ・・・

[PR]
# by 5-saturn | 2017-10-05 18:52

フランクフルト空港へ

先程、現地時間(10/3 pm4:30)フランクフルト空港に到着しました。
今晩、空港隣接のHILTON GARDEN INN FRANKFURT に一泊して明日移動を開始する予定。
このホテル、空港は勿論のことDB(鉄道)駅真上の好立地に有り何処へ行くのにも大変便利。なのでこの数年の欧州旅行はこのパターンにしています。
c0072847_01465473.jpg

出発の成田空港サクララウンジで
なんと、あの『YES 高須クリニック!』でお馴染みの高須院長夫妻と偶然にも隣同士に居合わせ
ビックリサプライズ!
写真にもこの笑顔で、気さくに応えて頂きました。

どこぞの党首の様に、謝礼¥30.000などありませんから・・・(笑)

今回の渡航はチベット亡命政府(ダライ・ラマ)があるインドのダラムサラへ招待されてのことだそうです。

世界中を飛び回り、多岐に渉って活躍されている様子ですね。

ほんとうに笑顔がステキなご夫妻でした。
c0072847_02013870.jpg



[PR]
# by 5-saturn | 2017-10-04 07:28

金木犀の香りに

c0072847_16265632.jpg

c0072847_14063815.jpg

昨夜来の大雨も
一夜明ければ
すっかり止んでいました。

目を覚まして日の射し込むカーテンを
ぱぁーっと開けて
バルコニーに出ると
仄かに金木犀の香りが・・

と同時に

なんだか
昨日とは違う
冷んやりと爽やかな空気だ!
キリっとしたこの感触好きです。

モワっとした春より秋のキリっ感が好き!

ふとバルコニーの下を見ると
ほんのり色づき始めた秋の実り

秋ですね〜

天候不順と夏風邪で体調を崩してしまい
すっきりしない日々が続いていましたが
秋の到来と共にすっかり回復しました。

元来、九月という月は
あまり好きではありません。

何故?

自分もよく分からない

感覚的なものでしょうか。

苦手な九月の暦を捲りながら
今年もあと三枚か・・・ と

しみじみ。

今年も駆け足で過ぎて行きそうだなぁ

[PR]
# by 5-saturn | 2017-09-29 17:04

世界遺産『富岡製糸場』

翌日、谷川温泉♨️を後にして
上信越道に乗って『富岡製糸場』へ

みなかみインター入り口でETCが開かないハプニングが起き、ちょっと焦りましたが幸い交通量が激少だったので大事には至らず、紙の通行券を渡され通過することができました。もし混雑していたら?と思うとゾッとしますね。

この富岡製糸場は
世界遺産に登録されて間もないわりには意外にも観光客は少なめ、駐車場も容易に確保することができました。

c0072847_20340365.jpg


当時そのまま、フランス積みのレンガ壁が美しい!
c0072847_20340498.jpg


先ず、富岡製糸場の歴史をコンパクトに纏めたビデオを視聴して概略頭に入れて
スタートです。

因みにフランス積みレンガとは長い面と短い面を交互に並べる積み方。華麗な見た目が明治初頭は好まれたそうです。
100年超えてもこの美しさ!
感動ものです。
c0072847_12415061.jpg


当時のように繭から生糸を紡ぐ実演コーナーには人が殺到していました。
c0072847_12415030.jpg


時は明治初頭「富岡製糸場ではフランス人に生き血を抜かれる」とデマがあったにも拘らず、ここで働き、生糸業界を支えた女性たちの映画「紅い襷」が、しっかり宣伝されていました。

マスコットキャラのお富ちゃん。
c0072847_20340508.jpg

c0072847_20340568.jpg


女工さんの寄宿舎
c0072847_14053343.jpg

c0072847_14053427.jpg


『富岡製糸場』の近辺には最近出来たばかりのお土産屋、食べ物屋が軒を連ねているがそれ以外はシャッターの降りた店が目につき寂れ感は否めない。世界遺産登録は富岡にとって千載一遇のビジネスチャンスなのだろう。街をあげて活気を取り戻そうとの機運はよく伝わりました。


[PR]
# by 5-saturn | 2017-08-26 18:05

太宰治ゆかりの宿

c0072847_21190972.jpg

ドライブがてら谷川岳の麓、谷川温泉郷にある『旅館たにがわ』へ行って来ました

昨年9月に宿泊した『仙壽庵』の至近、同系列の宿で、いわばその本家とも言える
谷川温泉の老舗旅館です。

この旅館、今を去ること80年前に文豪太宰治が転地療養のためこの旅館(当時は谷川館)にひと月近く滞在したそうです。

館内にはミニギャラリーがあり
c0072847_21191072.jpg

太宰治文学資料や写真集、最初の妻小山初代、玉川上水で死の道連れとなった山崎富栄の資料から東京帝大時代の定期券、学生証に至る貴重なものが展示してあります。なかなか興味深いです!
c0072847_21191018.jpg

昭和8年のレトロな定期券ですね。
水道橋↔︎荻窪・・・中央線でしょうか?
小さいけれど故人の息遣いを感じる貴重な遺品に感動してしまいました。
c0072847_22283484.jpg


ハーブティーのサービスもあり
まるで我が家のリビングに居るかのような
寛ぎ感満載!
気がつけば1時間近く経っていました。

文学に浸ったあとは

さて、ひとっ風呂浴びますか♨️

[PR]
# by 5-saturn | 2017-08-24 20:36

@アルブレヒト・デューラーの家(2016/July)


by 5-saturn
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30