*** 私のお気に入り ***

yurisawa.exblog.jp ブログトップ

隠れ家

「隠れ家」という言葉、近頃では雑誌、旅行誌などでよく目にします。
何かしら刺激的でわくわくするような秘密めいた響きのこの「隠れ家」を一躍世に広めたのはバブル期華やかな80~90年代世界に展開したリゾートホテルグループ、アマンリゾーツではないでしょうか。
既存のリゾートホテルと一線を隔した、言うなれば「セレブなリゾートホテル」なのです。

c0072847_20125248.jpg

数年前ジャワ島のボロブドールを訪れた時のこと、鬱蒼とした密林の中に現れたホテル「アマンジヲ」(穏やかなる魂と言う意味)にショックとともに感動を受けました。
なんとその外観がボロブドールと同じなのです。なんとも奇抜な発想ではありませんか。
現世から隔離された空間、まさに「隠れ家」に相応しいリゾートホテルです。

アマンリゾーツの特徴 *宿泊を目的とする*広大な敷地に*プライベートプールが有り*隔離された贅沢な造りの広いコテージ*上質のホスピタリティを誇る*バトラーサービス等従業員数が多い*客室は少なめ
他の宿泊人と顔を合わせることなく過ごせることが「隠れ家」なのかもしれません。

最近、アマンリゾーツも次々と増え続け、もう「隠れ家」というイメージは失せつつありますが、今もなお憧れのリゾートホテルです。
有名人ならずとも何処かへ消えたいという願望って、誰にもありますよね。
[PR]
# by 5-saturn | 2005-09-21 20:15 | travel

ユーロ・コイン

EUでは2002年通貨統合以来、12カ国だけが共通の通貨€ユーロを使用しています。
紙幣は各国共通デザインですが、コインの表は共通、裏側は作成した国のオリジナルデザインになっています。これって意外と知られていないのです。
c0072847_18441019.jpg


上段:イタリア(ダンテの肖像・レオナルドダビンチ、ウンベルトボッチョーニ、コロッセオ )
2段: ドイツ (国章の鷲、ブランデンブルグ門、オークの小枝)
3段: フランス(種をまく人、マリアンヌの肖像)
4段: ベルギー(国王アルベール2世の肖像)

発行数の少ないルクセンブルグ(アンリ大公の肖像)のコインは希少価値があるそうですよ。
[PR]
# by 5-saturn | 2005-09-19 18:59 | travel

シャテルドン

究極の天然微炭酸ミネラルウォーター、フランス産「シャテルドン」が日本でも買えるようになりました。ワインを思わせるような高級感のある名前ですね。
ミネラルウォーターのドンペリなどとも言われています。

かのフランス王ルイ14世が健康のために飲んでいたそうです。
別名「太陽王水」ともいわれているとか・・・

東京「明治屋」で手に入りますので一度お試しあれ?
但しお値段も高級、500mlボトル ¥1050也。

c0072847_1230063.jpg

[PR]
# by 5-saturn | 2005-09-17 12:49 | gurme

映画「チャーリーとチョコレート工場」

c0072847_2316572.jpg


もし、旧作「夢のチョコレート工場」を観なかったら、恐らくこのリメイク版は観ていないかもしれません。旧作が面白かったので、内心どうかな?と心配しましたが杞憂に終わりました。

あらすじは全く同じですが、ウォンカの生い立ちなどを織り交ぜたり、ディズニーランドさながらのチョコレート工場の奇抜なセットなど、前作より断然パワーアップしてます。

まず主人公ウォンカの存在がかなり濃いです。
ジョニーディップが演じれば自ずとそうなりますね・・・・
それから、あのウンパルンパが旧作よりもキャラが濃くて、歌あり踊りありの多彩な役回りを演じています。このコンビ、かなりシュールです。

笑いあり、風刺あり、ブラックユーモアあり、ティムバートンならではのファンタジックな世界に引き込まれてしまいました。

不思議なことに銀幕からチョコレートの甘い香りが漂ってくるようでした。。。。
[PR]
# by 5-saturn | 2005-09-14 23:19 | movie

EXV・オリーブオイル

ヒルズにあるイタリアンレストラン「SADLER」のクッキング教室で本場イタリアン3種のオリーブオイルをテイスティングしてみました。
それぞれ、産地により香り、味が明らかに違うんですねぇ。お勉強になりました。

左:リグーリア地方  "Costa dei Rosmarini" (癖のないほのかな香り、
                                        魚や野菜料理に)
中:シチリア地方   "Fiore del Belice"     (トマトの香りがする辛くてオイリー)

右:トスカーナ地方  "Matraja"         (ルッカ産の強い香りのする
                                           個性的な味)

料理によって使い分けます。

c0072847_19205148.jpg


本日シェフのAndrea Trancheroが作った4品は

Antipasto  ・・・・・季節野菜のピンツィモニオ 
                     3種のオリーブオイルのデグスタシオン 
Primo piatto ・・・・スパゲッティー”セナトーレカッペリ” シチリア風

Secondo Piatto・・・的鯛のソテー トスカーナ風パンツァネッラ添え

Dolce ・・・・・プラムケーキ ヨーグルトジェラートと共に

c0072847_19374655.jpg

[PR]
# by 5-saturn | 2005-09-12 19:44 | food

聴きくらべ

「ドヴォルザーク・弦楽セレナード ホ長調 作品22」

所有する2枚のC.D  カントロフ指揮するプラハ室内管弦楽団 と 小沢征爾指揮するサイトウキネン・オーケストラ を聴きくらべた。
こんな素人の私でも明らかな違いがわかります。指揮者の音楽性が音に表われるとよくいわれますが、この曲に関してはとても判りやすい。小沢指揮するサイトウ・キネン・オーケストラの弦楽の美しさは世界に定評があります。だからというわけではありませんが、その美しさは第一楽章冒頭部にはっきりでてきます。
テンポはやや遅め、弦楽器の弓が弦にびったり吸い付いたような粘りのある重厚な音の響きを作り出しています。
第2楽章、第3楽章のはつらつとした躍動感にあふれるシンフォニーもまた小沢らしい切れ味のいい音感性の素晴らしさを感じとることができます。

ここまでいうとカントロフによる弦楽セレナードの立場がなくなってしまうようですが、音楽というものは絶対的な基準があるわけではありません。聞き手の嗜好次第です。
少なくとも私はこの2人の同曲を聴いて、小沢の音楽に心が動いたということ。。。
お勧めの一枚です。

c0072847_19205591.jpg

[PR]
# by 5-saturn | 2005-09-10 20:16 | music

"First Flush Darjeeling Tea"

ロンドン・ピカデリーにある紅茶の老舗 「フォートナム&メイソン」 で
毎年”First Flush Tea”(春摘み茶)が発売されます。つまりインドで採れた新茶のことです。

先日2005年の"First Flush Darjeeling Tea" をいただきました。定評のあるDarjeeling tea のなかでも最高級茶、限定品なので手にいれることが困難な逸品です。嬉しーい!!

c0072847_18103112.jpg


ということですが、まだ未開封のまま・・・
さてと、秋の夜長に美味しいチョコと一緒に味わいながらいただくとしましょう。。。
[PR]
# by 5-saturn | 2005-09-09 18:22 | food

@アルブレヒト・デューラーの家(2016/July)


by 5-saturn
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28